巨乳好きを生む | 世界で人気の日本のアダルト動画

巨乳好きを生む

男性が持つ性癖で人気の高いものといえば、「巨乳」である。

男性は女性以上に性欲の強いものとして知られている。その証拠に、男性は定期的にアダルト動画やアダルトビデオなどをオカズとして使用し、オナニーに励む。
その際も、巨乳系のアダルト動画やアダルトビデオは、高い確率で利用されているようだ。
しかし、一体何故、巨乳は男性の性癖の中で人気が高いのだろうか?
その理由としては、男性が持つ母性本能が挙げられる。
男性は、生まれた際に母親の乳房から出る母乳を吸って育った。
生まれながらの母性本能のままに、乳房に付く乳首に吸いつき、母親の母乳を吸う。
男性というものは、何歳になっても、その母性本能が残っているのだろう。
よって、「巨乳のおっぱいに吸いつきたい」「舐めまわしたい」「揉みたい」という性癖が身についているのだろうと思われる。

実際、アダルトビデオや動画の中で、必ず出演女優が男優におっぱいを舐めまわされ、弄られ、揉まれまくっている。
アダルトビデオの内容というものは、男性の性癖に沿って作成されているものだ。
つまり、多くの男性が、おっぱいを舐めまわし、弄り、揉みたいという願望を持っていることになる。

すべての男性がセックスパートナーを持っているとは限らない。
心の中では、生身の女性のおっぱいにしゃぶりつきたい、揉みたいと思っていても、セックスパートナーがいなければ、風俗店に足を運ぶしか、その欲求を満たすことはできない。
しかし、性的欲求に飢えた時、風俗店に足を運べる男性も限られている。風俗店を利用するには、結構な費用がかかってしまうからだ。
よって、性的欲求を抑えきることのできない男性は、オナニーに励む。想像力で性的興奮を煽ることには限界がある為、アダルト動画やアダルトビデオを視聴する。
さも、自分が男優のように生身の女性のおっぱいや身体を味わっているかのように頭の中で連想し、陰茎を刺激するのだ。

よく考えてみると、アダルト動画やアダルトビデオはセックスパートナーのいない男性の大きな味方と言える。
性的興奮を煽り、想像力を湧かせ、どうしようもない性的欲求を0円で満たしてくれるからだ。
エロ漫画やエロ本では味わえない、女性の感じる声、おっぱいや陰茎を愛撫する音まで聞こえる。想像力を働かせれば、さも自分がタイプの女の子とセックスをしているかのような快楽を味わうこともできる。
また、アダルト動画やアダルトビデオは、セックスパートナーがいる男性にとっても味方と言える。
自分のセックスパートナーと24時間365日、いつでもセックスが出来る男性は、殆どいないだろう。
セックスをするには相手の承諾を得なければならないし、逢う必要もある。
パートナーがいないときにアダルト動画やアダルトビデオを視聴すれば、パートナーを抱くイメージでオナニーに励むことが出来る。

今や、スマートフォンやPCで気軽にアダルト動画を視聴することが出来るようになった。
今の時代、ふと性的欲求を感じた時には、いつでもどこでもオナニーをすることが出来るのである。
母性本能に目覚め、女性のおっぱいを舐めたい、弄りたい、揉みたい願望に襲われた時は、巨乳のアダルト動画をすぐに視聴しては、性的欲求を満たすことが出来るのである。